転職で地方へIターン、Uターンを考えてる人。ちょっと待って下さい。

地方でゆっくり、のんびり暮らそうと考えているなら危険です。地方の現実をしっかりと理解して楽な仕事を見つけることが大切です。

地方で働くことのメリット&デメリットを理解して、あたなのスキル・希望にあった会社を選びましょう。

地方で働くことのデメリット

  • 求人情報が少ない
  • 賃金が安い
  • 技術職のスキルが高い

1番のデメリットはやはり求人情報が少ないことです。地方都市ならばある程度の求人情報がありますが、そこから離れると、求人情報の数が激減します。

しかし、土地代が安いことから大きな工場などお宝求人情報が出てくる時もあります。

そして、都心と比較すると驚くほど賃金が安いです。雇用形態に関わらず総じて安くなります。年収で比較するとびっくり仰天。その分、生活コストは驚くほど安くなる・・・というわけではありません。詳しくは後述します。

意外かも知れませんが、地方の技術者はスキルが高いです。特に中途で入社している人のレベルは半端ないです。地方で働きたい人が増えてきている中で、会社としてはよりスキルの高い人間を雇いたいのは当然です。その為、選びぬかれた人材が採用されているのです。

地方で生活する本当のところ

Iターンだと理想とする地方のイメージってあると思います。でも、理想と現実にはギャップがあるものです。地方生活の実際のところはこんな感じです。

  • 生活費は大して変わらない
  • 近所付き合いはほどほど
  • 野菜はたまにしかもらえない
  • 周りが静かな分、騒いでいる人がいるとイラつく
  • 畑に肥料をまかれると洗濯物がくさくなる
  • 噂話はあっという間に広がる

とりあえず、一般的なイメージと違うのはこんなところでしょうか。生活費は都内とさほど変わりません。野菜直売所などは安いですが、基本的に買い物は普通のスーパーです。変わるのは土地代・賃貸料などの居住料金だけです。

近所付き合いも無理強いされることはありません。独立集落レベルになると違ってきますが、町の集まりなど断っても支障ありません。近所付き合いに憧れる人は、そういうのが好きな人達がある程度はいるので自分から飛び込んでいけば大歓迎されます。

近所付き合いで、もう一点。「毎日野菜をもらえるから食費がかからない」なんて事を聞きますが、そんなことはありません。収穫時期にたまにもらえる程度です。

静かな町で暮らしたいと考えているなら、事前に居住地を観察しておくことをおすすめします。田舎は静かな分、人の話し声程度がうるさく感じます。

周囲が畑だらけだと、洗濯物に被害がでます。肥料の独特の匂いがついたり、風が強くて畑の土が舞い上がったりします。

それでも地方が魅力的な理由

地方が魅力的な一番の理由は「人が少ないこと」です。

都内で外出した時に人を見ないで済む場所はそうそうありません。でも地方なら庭でボケーッとしていても誰も通らない素敵な時間が流れます。

夜には星空を見ながらタバコがうまいです。1人ビールが最高です。

また、地方で働くことのメリットは正社員での雇用が多いことです。地方の中小企業は同じ人でずっと一緒にやって行きたいと考えている会社が多いです。

通勤時間が苦でないなら遠距離通勤もおすすめ

地方就職のネックである安い賃金をクリアするには田舎から都内(もしくは地方都市)へ通勤するしかありません。私は通勤時間も自由時間と考えているので苦になりません。

ポイントは始発電車のある駅を選ぶことです。始発駅の次の駅だと座れない可能性もありますが、始発駅なら100%座って通勤できます。2時間座りっぱなしでも慣れてしまえば普通に感じます。

通勤時間を使って、読書、勉強、音楽、ゲーム、睡眠。なんでもできちゃいますよ。