転職した後に「前の会社の方が良かったなぁ~」なんて事にはなりたくないですよね。

転職活動する前にしっかりと自己分析して転職先条件をはっきりとする事である程度回避できますが、気持ちだけ先走って意外と忘れてしまいがちな転職のリスクがあります。

リスクを取らないとリターンは得られないのはどの世界でも一緒ですが、転職するリスクをしっかりと理解することで、リスクは格段に減らすことができるのです。

仕事が決まらないリスク

転職活動していても、なかなか決まらない状況になる場合があります。転職時期・スキル・年齢など原因となりうるものは色々ありますが、仕事が決まらないことで起こりうるリスクを理解しましょう。

仕事が決まらないリスクは在職中に転職活動をして、内定をもらってから現在の職場に退職する旨を伝えることで回避できます。

生活費に困る

転職活動するより先に退職してしまい、収入が全くない状況に陥る可能性があります。転職活動は在職中にやるのが絶対条件です。会社規定を確認して何日前までに退職する旨を伝えればいいのか調べておきましょう。

焦りから転職条件を下げる

なかなか内定をもらえず、「もう、何でもいいやぁ~」ってなっちゃうと転職する意味がなくなります。今の仕事が嫌だから転職を考えたとしても、もっと嫌な仕事をすることになります。

転職したことを後悔するリスク

転職に成功しても実際に働いてみないと分からない事は沢山ありますが、面接で具体的な質問をすることで大まかな事は回避できます。また、具体的な質問は面接でのアピールにもなります。

自分のスキルが通用しない

◯○の経験者優遇とあったので転職してみたものの、会社が違うとやり方がまったく別という事も多々あります。業務スキルをお持ちなら、その会社でのやり方、分担方法など細かく確認しましょう。

同僚と馴染めない

人と人なので、こればかりは実際に働いてみないと分かりません。しかし、ホームページ、SNSなどで何となく会社の雰囲気を把握して会社説明会・面接の時など覗けるようであれば現場の雰囲気を確認しておきましょう。

家族に及ぼすリスク

特にお子さんをお持ちの家庭だと家族に及ぼす影響は大きいです。また、転職活動を開始する前に夫婦間で話し合うことも大切です。

収入が減る

今までの経験を買われ収入アップならいいですが、楽な仕事を探すのであれば収入が下がる可能性の方が高いです。必要最低限の収入を確認してから転職先を探しましょう。

社会保険がない

社会保険のない中小企業は沢山あります。子供の数が多いと、国民健康保険は大きな負担となるので注意が必要です。

土日に会社のイベントがある

家族との時間を大切にする人は会社イベントはしっかりと確認しましょう。求人欄には土日休みとあっても、勉強会やらコンパやら頻繁にあるようだと家族サービスができなくなります。