頑張って転職活動した結果、無事就職が決まると入社手続きの準備に移ります。以前の勤め先が社会保険あり、なしでその手続方法が変わってきます。

社会保険ありの会社へ転職しても国民健康保険は自分で手続きが必要な場合もありますので注意して下さい。

「社会保険ありの会社 → 社会保険ありの会社」へ転職した場合

在職中に転職活動に成功し、無職の期間が0日だった場合は自分で手続きする事は何もありません。転職先の会社で全てやってくれます。転職先の会社へ提出するのは以下の3つです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 印鑑

都合により転職先での入社日まで無職の期間がある場合、国民健康保険・国民年金に切り替える手続きが必要になります。

手順として「社会保険ありの会社 → 社会保険なしの会社」へ転職した場合 → 「社会保険なしの会社 → 社会保険ありの会社」へ転職した場合となりあす。

国民健康保険と会社の健康保険で2重の保険料が発生するという誤った認識が広がっていますが、保険は月末での加入状況で決定されます。なので、保険料が徴収されるのは月末時点で「国民健康保険or会社の健康保険」どちらからです。

健康保険の加入は国民の義務です。面倒だからと手続きをしないでいると医療費の全額負担、場合によっては罰則になる可能性もあるので注意して下さい。手続きは退職日から14日以内です。

「社会保険なしの会社 → 社会保険なしの会社」へ転職した場合

こちらは転職しても保険・年金に変更がないので何も手続きをする必要はありません。転職先の会社へ提出する書類は源泉徴収票のみです。

「社会保険ありの会社 → 社会保険なしの会社」へ転職した場合

転職先が社会保険なしの場合、国民健康保険・国民年金への加入手続きを自分で行う必要があります。

加入手続はお住まいの市町村役場にて行います。その際に必要な書類は社会保険の資格がなくなった事を証明するものです。(※市町村によって必要としない場合もあります)

  • 社会保険の資格喪失証明書もしくは離職票
  • 年金手帳
  • 身分証明書
  • 印鑑

健康保険に関しては以前の会社で加入していた社会保険を継続加入する事もできます。任意継続する条件は、以前の会社で社会保険加入2ヶ月以上&退職日から20日以内の申し込みです。

「社会保険なしの会社 → 社会保険ありの会社」へ転職した場合

社会保険ありの会社へ転職した場合、加入手続きは全て会社で行なってくれます。必要な書類は以下の通りです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 印鑑

しかし、国民健康保険は自分で脱退の手続きを行う必要があります。(※国民年金の脱退手続きは必要ありません)

国民健康保険の脱退手続きはお住まいの市町村役場で行います。その際に必要な書類は以下の通りです。

  • 転職先からもらった保険証(発行まで時間がかかるようなら資格所得証明書)
  • 国民健康保険の保険証(返却します)
  • 身分証明書
  • 印鑑