新しい仕事を始めると、覚えることが多くて嫌になることが多々あります。また、同じ職種でも会社が違えばやり方も全然違うので最初から覚える状況にもなります。

単純な仕事というと、すぐに飽きてしまうとからと敬遠する人もいますが、実際にやってみたら自分にピッタリだったという場合もあります。現在の仕事が「覚えられる容量を超えている」と思っているなら試しに単純な仕事をやってみてはいかがですか。

単純な仕事のメリットとやり甲斐

単純な仕事のメリットは精神的安定です。不安なまま仕事をするストレスから開放されて、”普通にやっていればいいだけ”という安心感が最高です。仕事内容が単純で飽きてしまうか否かはその人の特性によるので、一概にデメリットとは言えません。

単純作業といっても作業効率化を考えたり、何年も全く同じ作業をする事は滅多にない(商品が変ったり、現場が変ったりする)ので気分転換にもなります。

仕事内容が単純な仕事一覧

工場ライン作業員

単純な仕事の代名詞的な工場ライン作業。ひたすら同じ作業のくり返しになります。純粋に単純作業を求めているなら検品のライン作業がおすすめです。少しだけ複雑な仕事が希望なら車製造会社がおすすめです。給料も比較的高めです。

仕分け作業

配送センター、工場の部品部門などでの仕分け作業です。慣れてくると仕分けスピードが格段に向上するので意外とやり甲斐になったりします。

清掃員

やる事は単純ですが、毎回作業場所が違うので飽きにくいです。施設の直接雇用で常に同じ仕事場なら同僚と気が合うか否かが最重要ポイントになります。

交通量調査員

通行した車などをカウンターでカチャカチャ数えます。座りながらの作業で一定時間での交代制です。常に募集があるわけではないので定職とするのは難しいです。また、外での作業なので気温の影響をモロに受けるのが難点です。

データ入力

紙媒体のデータをパソコンで入力していきます。仕事中はキーボードの叩く音だけの職場です。コミュニケーションが面倒な人にはおすすめです。無心で仕事に打ち込めます。

セルフガソリンスタンド

セルフガソリンスタンドは給油許可スイッチを押すだけです。特に夜勤帯は超絶楽な仕事なのでおすすめです。危険物取扱免許乙種4類の資格が必要になところがほとんどですが、取得しておいて損はないです。