面接で必ず聞かれる志望動機。

面接での印象を決める大きな要因ですが、これを決めるのは困難な作業です。本当にその仕事がしたくて、求人情報を探したなら余裕ですが、ほとんどの人はそうではありません。

楽そうだから。今の会社よりお給料が多いから。休みが多いから。近いから・・・。本心を言ってしまうと、なかなか採用されません。「常識のない人だ」と思われて終了です。

面接を受ける会社の事を調べ、それに合わせた志望動機をつくる事が大切ですが、基本的な考えに基づいた志望動機の作り方を解説します。

志望動機の基本

よくありがちなのが「◯○に興味があって・・・」です。しかし、これは他の会社でもできることなので志望動機にしないほうが懸命です。「なぜうちの会社を選んだのですか?」の質問に答えられません。

まず志望動機を作る時に考えるのは、以下の2点です。

  • 自分が会社へ提供できること
  • その会社の特徴

自分が会社へ提供できること

自分が何かしらのスキル・経験があれば、それを活かして貢献できることをアピールするのがベストな志望動機の作り方です。

その会社の特徴

まったくの異業種への転職の場合は、その会社の特徴を調べ同調することで乗り越えられます。「御社の企業理念に深く共感して」などが無難なところです。その他にも使いやすい志望動機の着目点を紹介します。

  • 企業理念
  • 商品
  • 将来性・安定性

意外と失敗する志望動機

冒頭で書きましたが、本音の志望動機は必要ありません。意外な所では「育児休暇制度に賛同して」とか「社内スキルアップ講習があるところ」なども適切な志望動機ではありません。

また、求人情報欄に「みんな未経験から成長させます」とあっても「未経験の私でもできそうだから」を志望動機にしてはいけません。

これらの話は面接が終わって「他になにか質問ありますか?」の後に付け加える程度にしておきましょう。

会社が欲しがっているのは仲間であり、会社に利益をもたらしてくれる人なのです。