社内ヘルプデスクの業務内容

社内ヘルプデスクは社内の従業員からパソコンの不具合・ソフトの使い方などの問い合わせ対応をメイン業務とする仕事です。他にも社内サーバ、ネットワーク、社内パソコンの管理・保守の仕事も業務範囲内です。

工場のヘルプデスクなどではそれほど高いITスキルは必要ありませんが、工場全部のシステムを把握している必要があります。

浅く広いスキルと柔軟な対応が求められます。就業時間はほぼ定時で帰れます。

社内ヘルプデスクの勤務体系・給料

ヘルプデスクの平均給料は18万~25万です。

ヘルプデスクを他の会社へ請負契約している場合が多いですが、直接雇用の方が給料は高いです。派遣・契約社員での募集が目立ちます。

社内ヘルプデスクの辛いところ

1つの仕事内容は非常に簡単なものですが、覚えることが沢山あります。会社全体の仕事内容を把握するぐらいの勢いです。

また、ヘルプデスクは”何でも屋”的な所があるので線引きをしっかりしないと山のような仕事量になってしまいます。

社内ヘルプデスクの楽なところ

最初のうちは仕事を覚えるのに苦労しますが、一度覚えてしまえば楽な仕事に急変します。新しいことを覚える必要がほとんどありません。社内で新しいシステム導入でもしない限りは、忙しくなることもありません。

また、社内の従業員が相手なので精神的なプレッシャーもなく仕事することができます。

こんな人におすすめ

技術的なことよりも人と接するのが好きな人はおすすめです。細かいことを気にするとキリがない仕事なので大雑把な人も向いています。

社内ヘルプデスクに有効な資格

ヘルプデスクの中途採用は何かしらのIT経験を求められます。しかし20代までなら未経験者でも十分採用される可能性は高いです。未経験者の人なら基本情報処理、CCNA、MOS、LPICなどの有名所の最低ひとつは取得しておきましょう。

さらにパソコンの自作経験なども高く評価されるので挑戦してみてください。