「どんな仕事でも正社員ならいいや」と考えていませんか?

「正社員なら保険、ボーナス、退職金、有給休暇、あるし簡単にクビになることはないから、安定した人生を送れる」・・・なんて事はありません。

正社員の待遇

大企業ならその夢を叶える可能性はあります。倒産の危機に面しても早期退職の道をとることでリスク回避して今後の人生を立て直すこともできます。

しかし、中小企業で退職金規定がある会社は全体の57.3%という調査結果が出ています。半分の会社では退職金がないという事です。

さらにボーナスなし、社会保険なし、有給休暇なし。待遇はアルバイトと一緒の、肩書だけ正社員の会社もあるので注意が必要です。

逆に派遣、契約社員でも社会保険あり、有給休暇ありの会社もありますが、派遣、契約社員でボーナス、退職金を支給する会社は滅多にありません。

ポイント

正社員でも社会保険、有給休暇、ボーナス、退職金の有無を確認すべし!

正社員の昇給

正社員の目指す理由の一つに昇給があります。派遣、契約社員だと一生賃金が変わらない可能性が高いですが、正社員なら毎年基本給が上がっていく・・・なんて事はありません。

もちろん、大手企業なら年齢とともに上がっていきますが中小企業はそう簡単にはいきません。

その理由は一度昇給してしまうと、下げる事ができないからなのです。

業績が好調な時はいいですが、景気に左右されやすい中小企業は昇給には慎重で、上がったとしても1年間で1,000円~3,000円が相場です。

また、「昇給のチャンスは年2回、社長と面談して決定します」とか書かれている会社は要注意です。
何故かと言うと、会社が成果を求めているからです。働く気満々ならウェルカムですが、楽に働きたい人なら外した方が無難です。

ポイント

楽に働きたいなら昇給は気にしない。

正社員である必要性

ボーナス、退職金があなたにとって重要なことなら正社員の求人情報に絞って検索すべきですが、”それなりのお給料で楽な仕事”を探しているなら雇用形態は気にせず転職活動して下さい。

その方がより多くの”楽な仕事”を探すことができます。

また、派遣・契約社員で入社したとしても継続勤務する事で正社員登用される可能性もあります。逆に正社員で入社したとしても倒産・リストラの可能性もあるのです。

ポイント

楽な仕事を探しているなら雇用形態は気にしない