転職活動を行う時はスケジューリングが重要です。

転職を意識すると1日でも早く転職したくなりますが、焦って転職しても失敗してまた転職活動をするハメになります。

そんな失敗しない為にも、余裕を持ったスケジューリングをしましょう。

転職活動は3ヶ月~1年間を見ておく

「さすがに1年間は長いでしょう」と思うかも知れませんが、私は1年間のスケジューリングを組んで取り組みました。

転職活動期間を長くとる理由

転職活動期間を長くとることで得られるメリットは結構あります。

  • 納得のいく転職先を見つけられる
  • 現在の仕事を再評価できる(嫌だったのが、そうでもなくなったり)
  • 転職理由を再認識できる
  • 次の仕事に備えてスキルアップできる
  • 家族にも心の準備期間ができる

逆に考えられるデメリットは一つだけです。

  • 突然の不景気で転職できなくなる

リーマン・ショック、ITバブルなどありましたが、しばらく我慢すれば景気は必ず回復します。

転職活動で組み込むスケジュールは5つ

では実際に転職活動をスケジューリングしていきます。最低限組み込むのは「自己分析」「希望条件の抽出」「家族通知」「転職情報検索」「退職願」です。その他必要があれば追加してください。

「自己分析」「希望条件の抽出」は最低1ヶ月間で数回実施することをお勧めします。一時の感情で決めてしまいがちですが、期間をおいて複数回やることで本当の自分が見えてきます。

「自己分析」「希望条件の抽出」のやり方は以下の記事を参考にして下さい。

転職を考えたら最初にすること

「家族通知」は未婚の方でも親・親友へ通知しましょう。希望条件は抽出できているので、思わぬところから好条件の求人情報が出る可能性もあります。

くれぐれも同僚への通知はしないようにして下さい。

いよいよ「転職情報検索」です。できるだけ希望に合った転職先が見つかるまで我慢ですが、ここぞ!って会社があったら迷わず申し込みしましょう。
「転職情報検索」は内定まで想定しています。面接は事前にスケジューリングできないので組み込みません。「転職情報検索」でヒットしたら申し込みして、面接→内定です。

最後に「退職願」です。内定が出たら直属の上司に退職の旨を伝えましょう。必要に応じて退職日・入社日を微調整します。

IT業界へ転職した私の転職活動スケジューリング

私は年内で退職できるように12月末日をターゲットに転職活動スケジューリングしました。

1月 自己分析
2月 自己分析
3月 資格勉強
4月 資格勉強
5月 資格勉強
6月 資格テスト
7月 家族通知
8月 転職情報検索
9月 転職情報検索
10月 退職願 

IT業界(通信)では登竜門的な資格である「CCNA」があれば転職成功率が上がると思い、資格勉強を追加してスケジューリングしました。資格テストは7月に2回目の受験で合格でき、大体スケジューリング通りスムーズに行きました。

また、自己分析はちょこちょこやっていました。(本当にこれでいいのか不安になるたびやっていました)