ルート配送ドライバーの業務内容

コンビニ・スーパーなど決められたルートに商品を配送します。毎日同じルートではないですが、個人宅への食品配送ドライバー、会社への資材配達ドライバーなど一定の範囲内でのルート配送もあります。

商品の積み込み、納品もドライバーが行います。ある程度の力仕事になりますが、女性・シニアの方でも積み下ろしできる程度の重さです。2tもしくは4tトラックでの仕事が多いです。

ルート配送ドライバーの勤務体系・給料

日勤帯もしくは夜勤帯で固定の勤務体系が基本です。正社員・契約社員なら月給25万以上が目安です。個人宅への食品配送で多いパート・アルバイトは時給1,000円が平均です。

ルート配送ドライバーの辛いところ

都内など駐車場のないコンビニが多い地域だと何メートルも走ることになりますし、道幅が狭いので運転にも神経を使います。都内でのルート配送は外した方が無難です。

また、配送時間が決まっているので仕事中にサボる事はできません。

ルート配送ドライバーの楽なところ

毎回同じような道なので新しく道を覚える必要がないのがルート配送の一番いいところです。また、1人作業なので運転が嫌いじゃないなら移動時間が休憩に感じられます。

田舎(地方都市含む)では道幅も広く渋滞に悩まされることもほぼありません。ルート配送で仕事するなら地方で探しましょう。

ルート配送ドライバーに有効な資格

運転免許が最低限必要ですが、今までに何度か道路交通法が改正されています。普通運転免許で4tトラックを運転できる人、できない人がいます。2007年6月1日までに普通運転免許を取得していれば普通運転免許だけで4tトラックを運転できます。それ以降に取得した人は中型運転免許以上もしくは準中型免許以上が必要になります。

こんな人におすすめ

基本的に1人がいいけど、少しは人と関わり合いが欲しい人には丁度良さが心地よく感じます。荷物の重量も適度なので健康維持に最適です。地方でコツコツと働きたい人にもおすすめです。