「資格を持っていても経験がなければ意味がない」とよく言われます。でもそれは即戦力の人材を求める会社でのお話です。現在でも資格さえもっていれば、高確率で採用してくれる会社も多くあります。

しかし、資格なら何でもいいというわけではありません。私が欲しいのは、「いつ会社をクビになっても、その資格を持っていればどうにか転職できる」という安心感の持てる資格です。さらに言うと、できるだけ楽な仕事で。

別にその資格を使うことがなくてもいいんです。心に余裕を持たせるための安心アイテムですから。そんな、絶対に必要じゃないけど持っておきたい資格を紹介します。

資格マニアに注意

何十種類と資格を取得している資格マニアな人がいます。それはそれで素敵な事だと思いますが、効率的ではありません。複数の資格を取得するなら、関連性のある上級資格を目指すことをお勧めします。実力はないけれど、知識だけは専門家レベルを目指すのが理想です。その方が採用率もグンと上がります。

個人的におすすめの資格

楽な仕事で必要な資格や、不景気な時代でも仕事に困らないおすすめの資格をピックアップしました。1年に1個でも取得するだけでも、今後の人生は大きく変わってきますよ。

保安業務員

私が経験した中では最高に楽な仕事だったプロパンガス保安の仕事で必要な「保安業務員」。基本的に就労してからの資格取得で会社がサポートしてくれます。難易度はぐっと上がりますが「液化石油ガス設備士 」という資格を持っていれば、かなりの確率で採用されます。

危険物取扱者乙種第4類

楽な仕事で求人も多いセルフ式ガソリンスタンドで重宝される「危険物取扱者乙種第4類」。試験内容も簡単なので勉強が嫌いな人にもおすすめです。ただし、2030年にガソリン車廃止の方針が出されているので若い人にはおすすめできません。

フォークリフト運転技能講習

工場、倉庫、物流など様々な就労場所で活躍するフォークリフトの免許。求人件数も安定しています。フォークリフトって実際に運転してみると非常に楽しい乗り物です。

教習所へ通うのが面倒ですが、最短4日で取得できます。(運転免許がない人は5日)

試験は学科と実技になりますが、真面目に受講していれば車の運転免許がない人でもほとんどの人が合格します。

登録販売者

2009年に新設された医薬品を販売できる資格の「登録販売者」。ドラッグストアの他、家電量販店、ホームセンターなどでも医薬品が販売されるようになっているので需要があります。実務経験を積んで店舗管理者へステップアップも狙えます。ただし、合格率は平均40%ぐらいの結構難しい資格です。

陸上特殊無線技士

無線設備を用いる会社で必要になる資格です。携帯会社の基地局やタクシー会社などで資格保有者は優遇されます。また、企業用ドローンを操縦する際にも必要になる時があるので今後の需要も見込まれます。3級~1級がありますが、2級以上は少し難易度が上がります。

参考記事

電気工事士(第二種)

電気設備の配線工事、コンセントの交換など様々な職場で役立つ資格です。一般的に建設業界で活躍するイメージですが、学校の用務員や寮の管理人など楽な仕事でも優遇される資格です。筆記と実技に分かれており、合格率は平均して50%ぐらいですが簡単ではありません。活躍できる場面が多く、最も実用的な資格です。

介護職員初任者研修

介護は大変な仕事ですが、今後も最も求人数が多い仕事であり続けるのは濃厚です。そんな介護の入門資格が「介護職員初任者研修」です。合格率は非公開ですが、基本的に合格させるための試験なのでほぼ全員合格します。ただし、試験を受けるまでに130時間の講座を受講する必要があります。受講料は5万~15万程度必要ですが、ハローワークや都道府県の助成金などの活用もできます。また、スクールが運営する老人ホームなどで就労することを条件として受講料を負担してくれる会社も多いです。さらに実務経験3年経過後に「介護福祉士」を取得すれば仕事に困ることはないでしょう。決して楽な仕事ではありませんが、最も安心できる資格と言えるでしょう。