農業作業員の業務内容

農業の求人は農業会社もしくは個人農家との雇用契約になります。共通する仕事内容は農作物の管理・収穫・梱包・発送作業がメイン業務です。

また、農地整理のためにトラクターの運転、耕運機による畝作りなど耕作時期に発生する業務もあります。農業会社員の場合は人員管理、会計、営業と多岐にわたる業務を担当する事になります。

農作業は重労働で賃金も低いです。しかし、常に自然と触れ合いながらの仕事なので人間関係に悩んで転職を考えている人にはおすすめの仕事です。体を動かすので充実感と1日の仕事終わりの達成感はやり甲斐のある仕事です。

農業作業員の勤務体系・給料

就職する農業法人、個人農家の耕作規模により変ってきますが、アルバイトなら時給850円。正社員、契約社員なら月給18万が相場です。

注意が必要なのは契約社員、正社員でもボーナスなし、社会保険なしの場合があります。個人農家と契約する際は特に確認する必要があります。

就業時間は基本的にAM6:00出社のところが多いです。収穫物によっては深夜のAM1:00出社のところもあります。

農業作業員の辛いところ

体が資本なので相当の体力と筋力が必要です。野菜をダンボールに詰めてトラックに荷積みするのは腰に負担もきます。夏のビニールハウスでの作業はサウナで仕事をしている状態です。冬の収穫は手袋をしててもかじかんできます。また、仕事内容に対して賃金が低いので仕事の目的を金銭にしている人には向いていません。

農業作業員の楽なところ

農作業員は決して楽な仕事ではありませんが、充実感を求める人には最高の仕事です。1日があっという間に過ぎていきます。また形の悪い農作物などは無料でもらえますし、食事付きのところも多いです。賃金は低くても意外と貯金は貯まります。通常の作業は体を使うのですぐに覚える事もできます。将来、農家として独立する事も可能です。

農業作業員に有効な資格

どこも人材不足なので資格なしでも大丈夫ですが、大型特殊運転免許があると重宝されます。

こんな人におすすめ

人間関係に疲れて農業を始めたヒョロっとした人が1年後にはムッキムキの浅黒お兄さんに変身していたります。

農業は本当に大変な仕事ですが、本当に面白い仕事です。ちょっとだけでも農業に興味があったり、何もかもが嫌になっている人は無我夢中で働けるのでおすすめです。