早く帰って子供と遊びたいのに。デートの約束あるんですけど。やりたいゲームがあるのに。・・・。

「残業なんてやってられるかー!!!」

日本の残業ほど無駄なものはないと思っています。しかし、そんな本音を言えるほどの度胸のない私は残業のない仕事をしています。

残業が嫌いな同士たちへおすすめの仕事を紹介します。

外資系企業

意外かも知れませんが、外資系企業は残業を嫌います。効率重視なので残業が必要なら人を雇う考えです。残業させない効率的な業務の進め方を徹底しています。

工場作業員

工場も基本的に残業はありません。管理者の立場になっても書類作成などの微々たるものです。ライン作業員はよっぽどのヒット商品でも出ないかぎり、ほぼ残業ゼロです。

ホテル・旅館従業員

24時間でサービスを提供しているホテル・旅館従業員はシフト勤務なので残業はあまり発生しません。超団体旅行者がくる時などは、残業が発生する場合もあります。

コールセンタースタッフ

コールセンターの受付は定時までなので、残業がありません。定時前に対応していたお客は残業対応することもありますが、長引くようであれば翌日対応になる会社が多いです。24時間受け付けのコールセンターではシフト勤務で帰れます。

販売員

お店の営業時間で終了するので残業はありません。しかし責任者になると会議・企画作成などある程度の残業が必要になってきます。

事務員

事務は定時に帰れる会社が多いですが、営業など他の部署の人たちが働いている中「お先に失礼します」を言うのが心を痛めます。

運用保守

ネットワーク・サーバー系の運用保守は24時間体制なので、故障が発生しても次の勤務帯の人へ引き継ぎをして定時に帰れます。

看護師

個人経営の病院なら残業はほとんどありません。大きな病院の場合は慢性的に人手不足なので、緊急の患者や人手不足の科に配属されると残業をお願いされる事もあります。