マンション管理人の業務内容

主な業務は巡回と清掃です。しかし、マンション管理人はマンション住民の”何でも屋さん”要素があります。何か困った事があったらマンション住民はとりあえず管理人に連絡してきます。水漏れした、隣の部屋がうるさい、救急車呼んで・・・etc。柔軟な対応とコミュニケーション能力が求められます。それでも基本は管理人室で待機している時間が長いので、のんびりできる仕事です。

似たような仕事でマンション警備がありますが、こちらは警備会社(常駐警備)での雇用で夜勤専門が主になります。

マンション管理人の勤務体系・給料

契約社員、アルバイト/パートでの求人が大半です。契約社員の場合、月給16万。アルバイト/パートなら時給950円が目安です。

勤務時間は9:00~17:00のところが多いですが、ごみ収集時間(ゴミ置き場の掃除)に合わせた時間帯で募集しているところがあるので注意して下さい。また、複数のマンションを回る勤務内容の場合は1日中掃除する事になるので避けた方が無難です。

他に住み込み管理人の場合、夫婦合算で23万程度ですが、水道光熱費、家賃無料の場合が多いです。

マンション管理人の辛いところ

当たりハズレの大きい仕事です。ゴミのぶん別を全然しない住民だらけだったり、なんでもかんでもクレームを入れてくる住民がいるマンションなどに当ってしまうとお給料以上の仕事をするハメになります。給料が低いのも辛いところ。

マンション管理人の楽なところ

基本的に管理人室でテレビ見たり、雑誌読んだりできます。掃除、巡回も適度な運動になります。大きなマンションだと清掃員を別で雇用している場合があります。そういった物件ならほぼ居るだけです。

夫婦住み込みで水道光熱費タダの場合、生活費が食費だけなので低賃金でも余裕のある生活ができます。

マンション管理人に有効な資格

特に資格は必要ありませんが、最近は簡単なパソコン操作ができる人を対象にしている場合があります。

こんな人におすすめ

シルバー向けの仕事と思われがちですが、40代からの転職組も増えています。

色々な経験があった方が柔軟な対応できるので転職回数が多い人におすすめです。特に水道系のしごと経験者は優遇されやすいです。