プロパンガス保安員の業務内容

家庭、お店でプロパンガスの異常が発生したら現地へ行って対応する仕事。ガスがでないとか、ガス臭いなどの連絡が入ったらガスボンベの交換とかガス漏れのチェックなどを行います。

しかし、対応件数は月に数回程度なので、勤務時間中はほぼ自由時間です。宿直室(個室)・シャワー室完備の会社がほとんどなので気兼ねなく好きなことができます。また、保安員は「保安業務員」という資格が必要になります。希少性のある仕事なのでなかなか求人情報が出てこないのが残念なところです。

プロパンガス保安員の勤務体系・給料

保安員の仕事はアルバイト雇用のところが多いです。時給換算で600円台になりますが、ただ居るだけお金がもらえるので最高に楽な仕事です。拘束時間は12~15時間になります。

1人勤務の会社が多いですが、場所によっては2人体制のところもあります。

プロパンガス保安員の辛いところ

時給が究極に安く、拘束時間が長いです。ガス切れなどでガスボンベを交換する場合、非常に重たい(約100kg)です。

また、ガス会社は昔ながらの職人さんが多いので自分から聞かないと何も教えてくれません。宿直室にこもっていると会社の人から忘れられます。

プロパンガス保安員の楽なところ

とにかく自由です。テレビ見ていようが、ゲームしていようが寝ていようが全然問題ありません。600円台の時給でももらい過ぎと感じるほどです。

プロパンガス保安員に有効な資格

1人で対応するには「保安業務員」の資格が必要ですが、入社後の取得で大丈夫です。運転免許証は最低限必要です。

液化石油ガス整備士の資格を持っていれば採用される可能性は絶大です。

こんな人におすすめ

副業もしくはWワークしていて、お金はそこまで必要ないけど自由時間が欲しい人。1人の時間が苦にならない人にはおすすめです。

仕事にやり甲斐を求める人は絶対にやめておいた方がいいです。