派遣で働く人ってアルバイトと同じような感覚で働いています。私はそうでした。でも現在の派遣法を知っていないと思わぬ損害を被る事があります。

特に今年の2018年度は2015年に改正された派遣法の影響が出てきます。今後、派遣で働くなら最低限知っておくべき派遣法の概要を紹介します。

改正派遣法のポイント

法律と聞くと面倒くさそうと思いますが、ポイントは3年です。

派遣で働くなら3年まで

改正派遣法で原則、同じ事業所では最長3年までしか働く事ができません。

ここでポイントなのは「原則」と「最長3年」というキーワードです。

派遣元と派遣先で派遣契約を交わしてから3年経過し、会社同士の派遣契約で延長できます。(会社間による契約延長)

しかし、契約開始後しばらく経過してから入社した派遣社員は3年経過する前に会社同士の契約終了によって3年未満でも仕事がなくなってしまう場合があるのです。

また、会社同士の話し合いで派遣契約延長となつた場合でも同じ人は3年経過すると同じ仕事を継続する事は出来ません。

他の部署へ移動しての勤務(新たな派遣契約をする)なら継続して派遣勤務する事はできます。

派遣3年の例外

上記の原則最長3年に該当しない人もいます。

  • 60歳以上の派遣社員
  • 派遣会社と無期雇用契約の派遣社員

60歳以上の人は会社同士での派遣期間に問題なければ継続して派遣として働く事ができます。派遣会社と無期雇用契約の派遣社員とは派遣会社と正社員契約している人が当てはまります。

派遣の楽な仕事はどうする?

楽な仕事で派遣社員というのは結構ありますが、暫くは控えるのが無難かもしれません。

上手くいけば楽な仕事で派遣から正社員という道もありますが、楽な仕事ならアルバイトへ切り替える方が派遣先会社にとって当たり前の選択になります。

また、改正派遣法はさらに改正されて行く可能性が高いと思われます。政府は正社員雇用を増やす為に派遣法にメスを入れていますが、10年以上も継続して働いてきた派遣社員をあっさり切り捨てる(正社員雇用しない)問題が出てきてます。

安定した楽な仕事を求めるなら派遣社員よりアルバイト/パート雇用の方がオススメです。ただし、専門的な仕事内容なら派遣社員から正社員への可能性は高いです。経歴がない場合など踏み台として派遣社員の仕事をする感覚が丁度良いでしょう。