海外好きな人は求人情報を探す時に”海外”のキーワードは気になります。仕事をしながら海外へ行けるなんて夢の様。

でも「海外で働くには相当のスキルが必要」なんて思っていませんか?しかし、実際には高いスキルがなくても海外勤務できる仕事があるんです。

コールセンタースタッフ

日本にコールセンターを設置するよりも海外に設置する方が収益率が高くなるのです。法人税、現地従業員、賃貸料などなど。

しかし、お客は日本人なので、海外で働いてくれる日本人を募集するのです。主に東南アジアでの募集が目立ちます。

注意してほしいのは、お給料が安いことです。現地の賃金レベルでは比較的高い方ですが、そのお金で日本での生活は苦しいです。求人情報によっては現地従業員よりも給料が低い場合もあるので、しっかり確認しましょう。

SE(システムエンジニア)

SEの場合はある程度のITスキルが必要になります。”ある程度”というのは何かあった時に1人でも対応できる程度のレベルなので、数年の経験があれば誰でも身につきます。

プロジェクトによっては現地通訳が付く場合がありますが、専門用語の現地言語が必要になってきます。ITスキルよりも言語スキルの方が実際の現場では必要になります。

営業

営業で海外で働く人は”超エリート”のイメージがあります。実際に”超エリート”な人たちも多いですが、それは大企業で働いている人たちです。

中小企業の海外営業はとにかく現地の言葉が喋れれば即採用の可能性が高いです。なぜかって、海外で働きたい人が少ないからです。

海外で働きたいなら今が狙い目

最近は世界中でテロが発生しているため、海外勤務を希望する人は減少しています。その為、全くスキルのない人でも海外勤務希望者なら採用されるケースも出てきました。

あくまで可能性の問題ですが、やはり日本での生活には安心するのが普通かと思います。将来を見越して今から海外で働くか、安心の生活を取るかは、あたな次第です。