「働くの嫌だなぁ」「生きているのが面倒だなぁ」とは誰もが思った事があると思います。特に楽な仕事を探している人は、その頻度が多いです。

私もちょくちょく”楽な死に方”とか検索しちゃいます。誰に何かされたわけでもないのに、勝手に自分で自分を追い込んでいる「妄想ライフ」を気楽に生きるコツを紹介します。ちょっと人生に疲れちゃったら読んでみてください。

あなたが思っているほど誰もあなたに期待していない

「仕事で失敗したらどうしよう」とか「誰かを怒らせたらどうしよう」など不安に襲われることがあります。でも、周囲の人はあなたが思っているほどあなたに期待していないのが現実です。あなたの失敗で会社が潰れるようなことは95%ありません。(残り5%は情報漏洩とか人道に反する行為ならあるかも)

例えば営業成績の悪い社員に対して周囲は期待していません。営業成績が悪くて当たり前の認識なので、あなたが悩む必要はありません。だからこそ、気楽に営業して成績が向上したらラッキーぐらいでいいんです。

例えばサービス業で接客態度にクレームがつきました。あなたは「申し訳ございません」と言えばいいだけです。それ以上もそれ以下もありません。

どんなに有能な人だって失敗しますし、誰からでも好かれるわけではありません。あなたが普通の人ならなおさらです。自分を過剰評価していませんか?

世界の中心はあなたじゃない

世界の人口73億人。日本の人口1億2千万人。東京都の人口927万人。世田谷区の人口88万人。池尻2丁目の人口4,600人。※全ておおよその数です

あなたは4.600人も友達いますか?どんなに失敗しても恥かいても成功しても、誰も知ったことじゃありません。

完璧を目指さない

ついつい完璧を目標に行動しちゃいます。それは向上心があってのことなので素晴らしいことです。

でも毎回完璧をこなすことはできません。50%~80%でちょうどいいんです。特に仕事ならそれぐらいが丁度いい。人生50%にしてみませんか?楽ですよー。

大切な人が今のあなただったら

家族、友人、恋人、大好きな芸能人。あなたにとって大切な人が今のあなたのような状態だったらあなたはどうしますか?優しい言葉で慰めたり、できる限りの手助けをしたり。

そんな接し方を自分自身にやってあげればいいんです。自分に優しく接してあげてください。

人はいつか死ぬ

どんなに嫌な思いをしても、どんなに楽しい思いをしても人間なんだからいつかは死にます。急がなくても大丈夫です。

どうせ死ぬんだから好きな事を好きなようにやればいいだけです。ただし、自分がやられて嫌な事は人にやらないでください。自分の家族が自殺したらあなたも嫌でしょう?