営業の業務内容

営業の業務内容といっても業種・会社・取り扱う商品・サービスによって様々です。

しかし、営業の目的は共通で売上を達成することです。その目的を達成させる為に情報収集・アポイント取り・訪問・プレゼンテーションすることが営業の業務内容です。

プレゼンテーションの資料作りは営業事務が作成してくれる会社もありますが、中小企業ではほとんど自分で準備しています。

営業は多くの会社でノルマ設定されています。どんなにいい商品・サービスを提供していても、営業が実績を残せなければ売上になりません。

営業は実力勝負の仕事なので、実績を残せていればサボっていても文句は言われない風潮があります。

営業の勤務体系・給料

営業の勤務体制は平日日勤のみの会社が多いですが、個人客を対象にした訪問営業などでは土日勤務で平日休みの会社もあります。

営業で残業代がつく会社は少ないです。残業代も含んだ給料体系に設定されています。また、「基本給+歩合給」で設定されている会社が多いですが、目安の月給は25万です。

営業の辛いところ

営業の辛いところは何と言ってもノルマでしょう。ノルマ未達成だと上司から厳しく叱咤されます。仕事内容よりも精神的なプレッシャーが一番辛いです。

また、得意先との関係持続するためのお付き合いも必要になるので、休日返上になる場合も多々あります。

営業はこんな人におすすめ

営業は会話のうまい人、人付き合いのうまい人などと言われますが、一番必要なのは自己管理できる人です。営業成績が常に安定することはないので、精神的プレッシャーがかかる状況でも「やるべき事をやるだけ」の人は安定して営業を続けていけます。

営業に有効な資格

営業はその業種・会社によって取得すべき資格は異なってきます。どらかというと、資格よりも取り扱う商品・サービスに対する知識が重要になってきます。最低限、運転免許は取得しておきましょう。

営業は常に人材不足な会社が多いので、やる気アピールができれば採用される可能性が高いです。