美術館・博物館運営スタッフの業務内容

来館者の受付、案内、説明が主な仕事です。正社員ならスタッフ管理、イベント企画が主業務になってきます。重要な美術品が展示されている大規模な美術館なら警備会社へ警備員の配置を依頼しますが、地方の小規模な美術館は警備も付随業務になる事が多いです。

超有名な美術館以外は土日でも基本的に暇です。学校の課外授業で来館者が沢山来るときが忙しいです。

美術館・博物館運営スタッフの勤務体系・給料

通常日勤帯が多いですが、美術館の開館時間により異なります。パート/アルバイトなら時給850円、契約社員/正社員なら月給18万が目安です。休日は基本的に平日です。

美術館・博物館運営スタッフの辛いところ

課外授業での来館者などの対応で展示品の説明をする業務にあたる場合があります。大勢の前で話さなければいけないので、人前に立つのが苦手な人には辛いです。都内、観光地(特に軽井沢)は来館数が多いので結構忙しくなります。勤務地は事前に調査しておいた方が良いかも知れません。

また、突然の閉館で仕事を失う可能性があるのも悲しいところです。

美術館・博物館運営スタッフの楽なところ

勤務地を間違わなれば基本暇です。場所によっては1人勤務のところもあり、仕事中ずーと自由時間なところもあります。

美術館・博物館運営スタッフに有効な資格

学芸員の資格があれば99%採用されますが、大学で専門の科目を履行する必要があります。そこまでして取得するべき資格ではないので、応募を考えている美術館・博物館のカテゴリをこっそり勉強して「昔から興味がありました」がベストでしょう。

こんな人におすすめ

パート/アルバイトは定時で帰れるので育児中の主婦(夫)におすすめです。正社員でものんびりする事ができますが、人気の職種なので専門知識、コミュニケーション能力など総合的に自信がないとなかなか採用されにくいです。

パート/アルバイトもしくは契約社員から入社して企画をバンバン出して正社員になるのが近道かもしれません。