正社員で働きたいけど採用されない。職場の人間関係、実際の仕事内容が分からないので、正社員では働きたくない。

そんな人はアルバイト/パートから正社員を狙うルートがおすすめです。なんだかんだ言ってもアルバイト/パートよりも正社員の方が待遇がいいですし、社会的信頼度が違います。

親族・友人にアルバイト/パートだとは言いづらいのが本音です。

転職回数が多いならアルバイト/パートから正社員の方がいい

転職回数が多い人が採用試験で不利なのは仕方ない事です。そんな人ほどアルバイト/パートからの正社員ルートがおすすめです。

アルバイト/パートの採用は多くの会社で人柄採用してます。経歴よりも”使いやすい人”を欲しがります。正社員募集に臨むよりも、アルバイト/パートで働き始めてからの評価次第で正社員になる方が近道だったりします。

契約社員の方が正社員へなれる可能性が高いと思いますが、”仕事の楽さ”と”採用されやすさ”を考えるとアルバイト/パートからの方がおすすめです。

派遣からの正社員は派遣先と派遣元での契約関係もあるので、正社員になれる可能性は低いです。

真面目に働いているだけで正社員になれるかも

人材不足の業界が多いこともあり、普通に真面目に仕事しているだけで正社員のお誘いを受ける場合があります。アルバイト/パートだからとさぼらないで、仕事は普通にこなしましょう。

アルバイト/パートから正社員になるコツ

普通に働いていても正社員に誘われる事は結構あります。でも意図的に正社員になる可能性を上げるためのやり方があります。

つぶやく

同僚に「正社員になりたいなぁ~」とつぶやくのは効果的です。周囲から固めて徐々に上層部へ自然と話が流れていきます。

さらに、定期的に上司に相談すると会社としても無視できない状況を作り出せます。

とにかく喋る

同僚、上司はもちろん、部長、社長などでも機会があるなら率先して話しかけましょう。特に初めて会う時は重要なので、最初のうちは誰に対しても自己紹介するぐらいの勢いが大切です。

コミュニケーションが苦手な人は挨拶だけでも大きな声でしましょう。相手が話しかけてくるのを待つのも戦法です。

なんでも屋

通常のアルバイト/パート業務を問題なくこなせるようになるのは当然です。そのうえで”なんでも屋”を目指しましょう。パソコンの苦手な上司だったら率先して手伝ったり、使い方を教えたり。当番でなくても汚れていたら率先して掃除したり。

Yesマン

上司から言われたことは全て「Yes」です。

人が足りないから休日出勤してとか、納期が遅れているから残業してなどの業務命令は笑顔で「はいっ!喜んで♪」と答えましょう。普通に「分かりました。」では正社員になれません。

もちろん、倫理的に納得できない事まで応じる必要はありません。倫理的におかしいと思ったら正社員になる事を目指すより転職しましょう。

時間外労働が効く

新年会、忘年会、送別会などは格好のチャンスです。アルバイト/パートは呼ばれていなくても参加したい意志を伝えましょう。参加したら雑用に精を出すだけで正社員登用率80%UPです。

仕事終わりの飲み会、休日のゴルフなども率先して参加しましょう。1回参加すれば次回は相手の方から誘ってくれます。

参加したいと伝えても断れるようなら正社員の可能性が低いと思われます。作戦を練り直すか転職の準備をしましょう。

最初から正社員狙い

1年以内に正社員になりたい人は最初から飛ばしていきましょう。

面接の時に「正社員になりたいけど、続くか不安なのでアルバイト/パートから働きたい」と伝えれば好感度も上がります。「うちでは正社員採用していないよ」と言われても気にする必要はありません。「自分に務まる事ができると思ったら正社員にしてもらえるように精一杯頑張ります」と締めくくりましょう。

そこまでして正社員になりたいか

活発な自分を演じたり、自分の時間を失くしてまで正社員になる必要があるのでしょうか?

私はあると思います。アルバイト/パートで働いて会社の人間関係、仕事内容に納得できたなら全力で正社員を目指すべきだと思います。普通に正社員で働いている人の多くが自分の感情や自由な時間を抑えてでも仕事しています。人間関係、仕事内容に納得していなくても。

そもそも人間関係、仕事内容に納得できる会社なんて簡単には見つかりませんから。

また、無理に活発な自分を演じていると活発な性格に変わる人もいます。それはそれで人生楽しくなるかもしれません。

50代でも諦めないで

若ければ若いほど有利ですが、50代でも評価次第で正社員になれます。他のアルバイト/パートをまとめられる程度の統率力、コミュニケーション能力が望ましいです。

50代以降の人は正社員になれそうにないからと転職するのはおすすめできません。人間関係、仕事内容に納得できるならアルバイト/パートでの老後生活を考えましょう。金銭的に厳しい場合は副業などと併用して老後資金を作り出す方が現実的です。