楽な仕事でぱっと思いつくコンビニバイトですが、サービスの多種多様化が進んでいるので結構覚えることが多いです。コンビニで求人を探すのに自宅から近いとか、少しでも時給の高いところを探しがちですが、コンビニ求人で重要なのは来客数の少なさと、どのコンビニで働くかということです。

各コンビニに違いを理解して自分にピッタリのコンビニを見つけてください。

コンビニの主要業務

どのコンビニでも共通することはレジ、発注、品出し、掃除です。レジ業務は宅配便、公共料金などの振込用紙での対応があり、スーパーのレジ業務に比べると複雑化しています。とはいっても何回かやれば覚えられる範囲内です。

各コンビニの違い

コンビニごとの違いはフードサービスが大きいところですが、今後のサービス拡大に伴ってさらなる差別化される見込みです。

セブンイレブンの特色

店舗数1位のセブンイレブンは求人でも多く見かけます。2019年には全国のセブンイレブンで配送サービスが開始される予定ですが、従業員の負担はそれほど多くはないと思われます。

セブンイレブンで一番うれしいのはフードサービスが単純なことです。レンジ、揚げ物、蒸し器での提供なので他のコンビニに比べて短時間で対応できます。売上が見込まれる商品へ集約化されているので種類が少ないのもありがたいところです。

また、チケットの発券などはコピー機に集約されていますが、実際に利用している人はほとんどいないので機会の操作を聞かれることもほとんどありません。

ポイントカードはnanacoだけなので、お客に「ポイントカードはよろしいでしょうか?」を聞く必要がありません。

ローソンの特色

お客として行くなら一番楽しいのがローソンです。取り扱っている種類が豊富だからです。働く側から言わせてもらうと商品数多くてちと大変です。

また、ローソンはLoppiという自動発券支払機が厄介です。お年寄りの方に説明するときに必要以上の操作知識が必要になってくるので想定外の労働時間を取られることも多いです。

さらにローソンはポイントカードはpontaカードとdカードに対応しているので厄介です。

ファミマの特色

ファミマもローソンのLoppiと同じようにFamiポートという自動発券支払機が設置されています。

ファミマはTカード対応なのでお客の70%はTカード出してきます。ポイントカード対応率は他のコンビニと比べて圧倒的に多いです。

ミニストップの特色

とにかくフードコードが大変です。ミニストップのフードサービスは美味しいものが揃っているのでお客もフードサービス目当てで来店してきます。コンビニなんだかレストランなんだか分からないような状況にも結構なります。

深夜バイトでもお客が列をなしている状況も結構あるので、楽な仕事を探しているならミニストップだけは外しておきましょう。

コンビニで働くならセブンイレブンな理由

各コンビニを比較してみました。仕事内容が他と比べて単純なこと、店舗数が多いことからコンビニバイトはセブンイレブンをおすすめしています。

でも、一番重要なことはオーナーの人柄と同僚との相性です。仕事内容は続けていれば自然と慣れてくるものですが、人間関係はなかなか自然と慣れるものでもありません。

実際に店舗を訪れてみてお店の雰囲気、来客数の確認をしてみるのが楽なコンビニを探す秘訣です。楽な仕事とは楽しい仕事かもしれません。