それなりに仕事を覚えてきて中間管理職として会社の一員であることを認識する30代。

でもこのまま今の仕事を続けていくべきなのか悩む30代。そこには35歳の壁があるから・・・。

転職の目安にされている35歳以下制限。未だにそんな一般常識があります。こんなクソみたいな制限早くなくなればいいのにと思いながらも逆らえないもどかしさ。

順調に役職にもついて、お給料も少しずつUPしていればいいのですが、誰しもそんな安定した仕事をしているわけではありません。

会社の人間関係に悩んでいたり、ノルマに追われる生活に精神不安定になっていたり、サービス残業の嵐で家族と過ごす時間がなかったり・・・。

転職するか、しないかで一番悩むのが30代です。でも転職を意識すると止まらなくなるものです。

30代転職の基本

会社からしてみたら30代の中途採用は”即戦力”を期待しています。なので、今までの経験を活かした転職先を探すの基本です。

それは面接の際の転職理由でも話しやすくなります。黄金回答の「今までの経験を活かし、御社で自分の力を発揮したいと思います」が発言できます。

ちょっとした異業種でも今までの職歴の中で活用できる部分を探すことが大切です。

30代で何の経験もない人へおすすめの楽な仕事

私のように職を転々としてきたり、これと言ったスキルがない人は転職に対する戸惑いとかはないと思いますが、転職先の選定に苦労します。

そんな30代未経験からでも就職できる可能性の高い仕事を紹介します。

葬儀屋

葬儀屋は異業種からの転職で最もおすすめな仕事です。若い人よりも経験豊かな人材を求めています。仕事内容も難しくはなく、研修期間を設けている会社がほとんどです。

30代後半で転職してもキャリアップできる環境が整っています。

介護師

仕事内容はハードですが、人から感謝されるのが好きな人なら天職です。安月給が社会問題になっていますが改善される方向で行政が動き出しています。

どこの会社も人材不足なので、就職できる確率は一番高い仕事です。

サービス業

飲食・娯楽などのサービス業界も人材不足に悩んでいます。接客なので向いていない人は精神的ストレスを感じてしまいます。

しかし、仕事内容は単調なのこと、お給料が比較的高めなところは魅力的です。さらに、サービス業界は頑張り次第で上にいける風潮があるのでアピールがうまい人にもおすすめです。

運用保守

運用保守に未経験で就職するにはCCNAなどの資格を独学で取得する必要がありますが、そこまで難しい内容でもありません。

35歳の壁を設けている会社は以外と少ないのですが、未経験から転職するなら35歳以下が目安です。30代後半~40代なら都内の中小企業を探すのがおすすめです。

運送業

運送業は体が資本ですが、会社によっては積み荷なしの場合もあります。中小企業だと手積み・手降ろしが基本のところもありますが、ほとんどはフォークリフトの作業員がやってくれます。

移動中は1人なので、人と接することなく仕事をしたい人にもおすすめです。

子供がいるのに転職なんてできないと悩んでいる人へのアドバイス

30代・無資格・未経験でも転職はできます。しかし、それは仕事を選ばない場合です。でも、生活の見直し・節約で月給20万でも普通に家族3人生活できますよ。

大切なのはニートには絶対にならないことです。転職に失敗したらアルバイトでも何でもいいんです。そこから新しい仕事につく可能性だってあるのですから。

転職を考えたという事はその原因があるはずですが、それを自分の努力で解消できるのか、できないのか。

解消できないのに我慢して仕事を続けて、鬱になって・・・。何の仕事もできない状況になる前に行動してみてはいかがですか?